トヨタ車の良さ、魅力など

トヨタは日本の車トップメーカーのみならず、世界的にもトップクラスのクラスのメーカーとして君臨しています。世界的な不況の2012度さえも業績を伸ばすという、あり得ない成果をあげているのも、トヨタの技術力他経営的手腕の賜物といえるでしょう。いかに多くの人々に愛される車を作り続けてきたかの証明といえます。
トヨタ車の魅力について、「壊れにくさや修理メンテのしやすさなど、走りの性能とは違った魅力を感じる」という人もいます。「トヨタがレースの経験から学んだ物なのか同じ値段なら、走りの性能にコストをかけず、安全性、丈夫さ、修理の早さにトヨタはコストをかけている。」という人もいます。「少々走りの性能や居住性に欠けても十分に買う価値のある車だ。」という人もいます。「ファミリーカーを買うなら断然トヨタに限る。」という人もいます。それぞれ言葉は違っても、多くのひとから圧倒的評価を得ているのがトヨタの車です。
「無駄にトヨタが1番いい!」というわけのわからない表現をする人もいます。それは「クレームとか問題扱いにならないぎりぎりの設計はまさに神業そのもの。」ということなのだそうです。「トヨタはコストダウンと、そして見た目の豪華さを作るのは、ピカ一の会社」と笑ってしまうことを言う人もいます。しかし、トヨタの技術の確かさと素晴らしさは誰もが認めるところです。ある人は「トヨタ自動車の素晴らしさは見えないところは徹底的に手抜きをして安い造りにしている。けれど、日常の使う範囲ではクレームにならない、必要以上の品質は無駄だと考えるその究極の製造技術はピカイチだ。」言います。
以上のように車通が絶賛するトヨタ自動車ですが、車のことを良く知らない人にも「天下のトヨタ」と思わせているところもトヨタの凄いところです。ボディは強いし長持ちするというのもトヨタ車の周知の事実です。技術の確かなトヨタ自動車は、日本の自動車業界のトップのみならず、世界に出しても押しも押されもしない一流の企業といえるでしょう。

ネッツトヨタとは?

ネッツトヨタという言葉はよく耳にしますが、トヨタのトヨペットと、ネッツトヨタとはどこが違うのでしょうか?その違いは簡単に言うと「トヨタは車を作っている所」「トヨペットは車を売っている所」です。
トヨタの車の販売方法はGMが昔成功した拡販手法「バッジエンジニアリング」の真似をしたもので、販売する車種を系列により分けているものです。【トヨタ:法人の需要が主】「トヨペット:40代より上の高所得層を対象にした上級車」「カローラ:若いファミリー層を対象にした車が主」「ネッツ:20~30代を対象にしたスポーティーな車」などのように、その年代や特性に分けてシェアを伸ばす戦略を取っています。ネッツはそのうちのひとつです。
トヨタ本社と販売会社は別の経営であり、ネッツトヨタとは、トヨタの車を売っている販売店ということです。○○トヨペット、トヨタカローラ、トヨペットコロナなどがあります。トヨタの車種はあまりにも車種がありすぎて、トヨタファンでも全てを覚えきれないほどですが、販売も素人の目からみたら複雑です。もっとも、車種が多いからこのような販売形態になるのでしょうね。
現在はトヨペットコロナの販売店が少なくなってしまったのですが、トヨペットコロナRTは素晴らしい車でした。開通して間もない名神高速道路で、10万km連続の高速走行テストを公開で行って世間の注目を集めたものです。走行、スタイリングともに抜群で人気を博したこの車は、愛知県長久手町にある「トヨタ展示館」に展示されています。長久手町は愛知万博が行われたところです。

トヨタU-Carとは?

トヨタU-Carとは、中古車の意味です。全国のトヨタの販売店のうち、U-Carが購入できる店舗がおよそ1,700店舗ありますから、あなたのお住まいの近くにもきっとあるのではないでしょうか。魅力あるトヨタの中古車が豊富に品揃えされていますから、あなたのご希望に合った車を探すことができます。他社メーカのU-Carも揃えてあるということなので一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。
信頼と実績のトヨタのお店で買うU-Carは、購入後も安心して乗れる走行距離無制限で1年間無料の保証がついています。そのため、1年以内なら、どのくらいたくさん走っても無料で保障されるという超お得な特典がついています。そして、全国におよそ5,000ものサービスネットワークが整っていますから、もしもの時にも困りません。全国のトヨタ・テクノショップで保証修理が受けられます。以上のように、中古車を買うなら断然トヨタU-Carがお勧めです。お得に、そして安心して快適なカーライフを楽しむことができます。
また、あなたの愛車を売りたい時もトヨタの買取ネットワーク・T-UPをご利用ください。トヨタ系列ですが、T-UPの場合は下取りではなく買取です。あなたの愛車を、トヨタ車だけに限らず全メーカーの車種をどこよりも高価買取りをしています。特に性能の良いトヨタの車は高価査定額がつきます。まずは、お気軽に査定を申し込んでみてください。もちろん査定は無料です。T-UPは、中古車店舗に併設しているケースが多いのですが、 買取り店舗の「T-UP」のマーク「あかいトリ」の目印があったらぜひご用命ください。

豊田佐吉の人物像

今や世界の冠たるトヨタグループですが、その創始者である豊田佐吉の「奉仕精神」がここまでの発展を遂げたと言われています。「教育も金もない自分は発明で社会に役立ちたい」という18歳の時の志は生涯にわたって続けられました。
納屋に閉じこもり、ひたすら織機の改良に取り組んだ当時の発明生活はきわめて厳しかったと言われています。その苦心懊悩(おうのう)は一通りではなく、朝から晩まで毎日こつこつと作っては壊す姿はまるで狂人じみたやり方と後に自分でも語っているほど凄まじいものでした。
弟を連れて東京へ出たものの、折角仕事が順調に進みかけたところで、ひどい脚気症に罹り、命からがらがらで遠州の実家に帰らざるを得ないという苦難にも遭っています。東京へ出たにもかかわらず、旗揚げもせずに帰ったのですから周囲の空気は冷たく、佐吉を謗(そし)る人ばかりだったそうです。しかし、それも無理もありません。元々が田畑も少なくて大工を兼業していた家で、その僅かの田畑を売って生活も顧みず発明につぎ込んでいたのですから、周囲の目には狂気としか映りません。当時の人たちに現代のこのトヨタの世界的繁栄が想像できるわけがありません。
しかし、豊田家は「豊田佐吉、平吉、佐助の兄弟は異常に仲が良かった。」と、佐吉の甥豊田英二が『私の履歴書』で語っています。「異常に」という言葉を使うほど仲が良かった良かったと言います。夫婦仲の良い家は繁栄するとか、信用されるなどといわれますが、佐吉の兄弟の仲の良さに人間性が見て取れます。佐吉の人間性と志が巨大なトヨタグループを作り上げたのではないでしょうか。
佐吉の生涯にわたっての社会的貢献は大きく「藍綬褒章」「恩賜記念賞」「勲三等瑞宝章」「従五位」など、数々の賞を受けています。

トヨタの歴史

1918年1月、トヨタ自動車の創業者である豊田佐吉は、」トヨタ自動車の前身である「豊田紡織株式会社」を設立しました。佐吉の家は貧しい農家兼大工で、佐吉も大工の修業を始めたものの「教育も金もない自分は発明で社会に役立ちたい」と、当時は繁忙を極めた織物の機織機の改良を始めました。発明家と言われる佐吉らしい出発でした。
そして、紆余曲折はありながらも「豊田式木製人力織機」を発明。「豊田式木製動力織機」を発明と、大きな発明をして、紡織業視察のため欧米へ行った翌年の大正7年(19818年)1月には「 豊田紡織株式会社」を創立しています。大正13年には画期的な自動織機「G型無停止杼替式豊田自動織機」を発明・完成させ、2年後の対象15年には「株式会社豊田自動織機製作所創立」をしています。
様々な経緯を経て、1937年8月28日いよいよトヨタ自動車工業を設立しています。その後「北支自動車工業設立」「豊田製鋼を設立」「平塚自動車部品製作所設立(財)」「豊田理化学研究所設立 」「豊田工機設立」「華中豊田自動車工業設立」「航空機部発足」と、各部門を次々と独立させたり開発させたりしながら目覚ましい発展を遂げてきましたが、 1942年10月03日は「トヨタ病院」を開院しています。
1950年 トヨタ自動車販売株式会社が設立されています。
現在世界の販売数でトップはゼネラルモータースグループですが、トヨタ自動車はゼネラルモータースグループに次いで、世界2位の販売台数を誇る日本を代表する自動車メーカーとなっています。トヨタの技術力は高く、世界的にも一目置かれている存在となっています。

トヨタ方式とは?

日本の自動車業界のトップメーカーというよりも、世界のトヨタとして躍進を続けるトヨタには、様々な生産活動や経営戦略が功を奏して現在の地位を守り続けています。トヨタのその手法のひとつにトヨタ方式、あるいはトヨタ生産方式というもがあります。このトヨタ生産方式がトヨタ自動車の強さを支える要素の一つとされています。
トヨタ生産方式の基本概念に、「徹底した無駄の排除」ということがあります。これは、【1.作り過ぎにおける無駄:在庫を増やすのは諸悪の根源】【2.手待ちによる無駄:指示待ち・材料待ち等で仕事ができない無駄】【 3.運搬にかかる無駄:モノの移動、積み替え等】【 4.加工時の無駄:従来からの慣習で思い込みでやっている本来必要ない工程や作業】【5適正でない.在庫の無駄:材料・部品・完成品が適正に管理されているか】【6.動作における無駄:必要のない動きや遅速な動き等】【7.不良品にかかる無駄:手直しを行う労務費他の無駄なコストがかかる】これら7つの無駄を排除することを重要視したのが、トヨタ生産方式と呼ばれるもので、大量生産とスピードアップでの生産性の向上よりも、切れ目なくモノが流れるシステムにすることで生産性の向上を図ったのです。
このトヨタ生産方式は、自動車業界ばかりでなく、行政の世界でも取り入れられて活用されています。過去、アメリカのブッシュ政権の時代に、時の財務長官が導入した時は、従来は6週間もかかっていた報告書の作成が僅か3日間で作成され、この驚きの事例がメディアで取り上げられたこともあります。
トヨタ車は、同じ価格帯ならトヨタの車の方が断然価値があるといわれています。その理由は、トヨタ生産方式で徹底的に無駄を省き、安い価格帯での販売を可能にしている成果といえます。

2013年ジュネーブ国際モーターショー

モーターファンならずとも待望の第83回 ジュネーブ国際モーターショーが2012年3月5日(火)から3月17日(日)にかけて開催されます。
今回のジュネーブ国際モーターショーでのトヨタの目玉はTOYTA I-ROADのようです。欧州トヨタは、TOYTA I-ROADのことを「小型で中身が充実していて楽しく、かつエミッションが自由なパーソナルモビリティ」とアピールしています。「パーソナルモビリティ」とは、1人乗りの移動機器で、人類の新しい移動体とか乗り物を総称しています。TOYTA I-ROADの開発は「人の移動」に大きな変革をもたらすとして世界の注目を集めています。
このTOYTA I-ROADとは、超小型EVのことで、I-ROADの骨格となる発想は、都市部でのシティーコミューターであり、新しい型の移動や通勤の手段として提案されています。可能な限り燃費効率を追求し、最小限の燃費で走ることに重点が置かれたクルマです。
細長いボディを持つ I-ROADは前後にシートを設けた2輪でありながら屋根付きで倒れないという、二人乗りの車です!ジャイロを使った新しい2輪コミューターです。外部からの物体を回転させる力が加わっていないかぎり自転軸の方向を保つ性質を持っています。I-ROADのスペックの詳細はまだ明らかにされていませんが、ユーチューブではすでにI-ROADのイメージの映像が映し出されています。トヨタファンならずともワクワクする映像でありクルマで、I-ROADへの期待は高まるばかりです。
最小限の燃費で走り、倒れない、そして屋根もついているので雨の日も困らない。シティーカーとしてこれほどふさわしいクルマが他にあるでしょうか。爆発的ヒットが予想される車です。

2012年サンパウロモーターショー

第27回 サンパウロモーターショー は2012 年10月にブラジル・サンパウロでファンの注目の中行われました。このモーターショーでは、トヨタ・モーター・ヨーロッパ社長のディディエ・ルロワ氏がブラジル専用仕様車「FIT twist」を発表した他、トヨタ自動車(株)の加藤副社長とメルコスールトヨタの中西社長も記者発表を行っています。
トヨタでもプリウス、アウディ他22の車種が出展していますが、何と言ってもこの時のトヨタのイチオシは「プリウス」でした。プリウスは2012年度9月までの世界販売台数が691,281台というヒット商品です。「プリウス」はトヨタでも特別な自信を持っているクルマで、最高経営責任者の豊田章男社長も経済専門誌でアピールしています。
世界的なヒット商品になったこのトヨタのプリウスですが、もちろん日本のファンからも絶賛されていて、乗り心地が最高で運転していて楽しくて、長時間運転していても乗り疲れが全くしないので時間が経つのを忘れてしまうとか。また、エコカーには関心がなかったけれど、外観のスポーティーサーに一目惚れでプリウスに決めた人もいます。外見の良さは、フロントバンパーがプリウスα風になり新鮮に感じでカッコ良くなり、スポーツカーのようなので、30代の人が乗っても地味に感じないところも受けています。
元々トヨタ車は価格の割には安っぽさがないというのが定説でしたが、その技術はプリウスのエクステリアとインテリアにも生かされて、エクステリアとインテリアともに質感が高くなり安っぽさがなくなったのがプリウスです。物は積めるし圧迫感はないしとプリウスの魅力は尽きません。トヨタのプリウスが世界的ヒットとなったことが納得できます。

2011年東京モーターショー

東京で行われた第.42回・2011年東京モーターショーは、12月2日より東京ビッグサイトで行われました。欧州を中心に20社・24ブランドが参加したモーターショーには、一般公開に先立ち11月30日の報道招待日に、プレスカンファレンスの豊田社長がスピーチで「トヨタが描く未来のクルマ社会へのドライブ」について公表しました。
トヨタは16台の車両を出展しましたが、翌年2012年春に発売予定の新型FRスポーツのプロトタイプモデルを出展すること発表しています。この新型FRスポーツというのは「86(ハチロク)」と命名され、かつて人気を博したAE86を思わせる名称となっています。
かつて人気を博したトヨタのAE86という車は、漫画では、ハチロクには神が宿って魔法を使っていたとか。漫画の人気との相乗効果もあったようで、このハチロクの人気は高かったと言います。ハチロクを買ったらハチロクオタクになる可能性大とも言われるほどだったそうですが、走行性能も低く、価格も高いのに異常に人気があるという、不思議な車がトヨタAE86だとか。
ハチロクファンに言わせると、ハチロクに乗ると楽しい車というのがだんだん分かってくると言います。なので、文句を言いながらも修理をしたり、とにかくイジくる喜びを感じたり、ハンドルを操るだけで楽しくなりハチロクを所持する喜びと自己満足を満喫すると言います。トヨタのAE86を開発したメンバーは、ハチロクに乗った人のこのような評価を想像していたのでしょうか?たぶんNO!で、腰を抜かすことでしょう(笑)
ともあれ、2011年東京モーターショーは盛況のうちに幕を閉じました。
モーターショーの存在意義はあるのか?

2010年パリモーターショー

モーターショーとは自動車に関する世界で一番進んだ技術やデザイン、また新型自動車が発表される自動車の展示会であり、自動車の祭典です。トヨタでは、子供からお年寄りまで、あらゆる人々に、夢や憧れをもたらす乗り物であってほしいと願っており、モーターショーでは、これからの新しい時代に即した、魅力あふれる新型自動車を出展しています。
2010年9月に行われたパリモーターショーでは、16日間の開催の期間中に1,432,972人もの人が来場しています。そしてこの年の6月に社長として就任したトヨタモーターヨーロッパのディディエ・ルロワ社長からのメッセージも届けられています。
パリモーターショーでは、環境に配慮したハイブリッドカーに力を入れているトヨタらしく、環境を重視しながらも性能を追求すると同時に、走る楽しさを満喫させてくれるコンパクトクラスのハイブリッド車など、豊富なラインナップを展示するとともに、これまでのトヨタがかけたハイブリッドへの足取りも紹介しています。
その他、すでに欧州でも販売されて人気を集めている「プリウス」や「オーリス ハイブリッド」など、トヨタの誇る高い環境性能や欧州で鍛え上げられた走行性能など魅力ある商品が幅広く展示され、ディディエ・ルロワ社長のメッセージ通りの「見て」「乗って」「走らせて」「所有する歓び」といった「ワクワク・ドキドキ」する魅力あるトヨタ車の数々が展示され、多くの人の注目を集め、成功のうちに 2010年パリモーターショーを終えています。

女性にモテルSUV車

トヨタファンならずともトヨタ車の優れたデザインには圧倒されるものがあり、さすが世界のトヨタ!と思わされます。そんな技術、デザインともに優れたトヨタの車に「SUV車」があります。SUVとは、英語でSport Utility Vehicle(スポーツユーティリティビークル)のことであり、その意味は「スポーツ多目的車」の意です。女性の目から見ると、アウトドア向けで、男性らしくカッコ良く見えるのも人気の理由です。
日本で販売されているSUV車には【Q5(アウディ)】「エスカレード(キャデラック)」【FJクルーザー(トヨタ)】【 RAV4(トヨタ)】「トゥアレグ(フォルクス・ワーゲン))【 ハイラックスサーフ(トヨタ)】「ナビゲーター (リンカーン)」「 サファリ(日産)」「 ラングラー(ジープ)」「 パジェロ(パジェロ)」「 エクスプローラー(フォード)」【 ランドクルーザー(トヨタ)】「 ジューク(日産) 」「RVR(三菱) アウトランダー(三菱)」「 XC90(ボルボ)」「 トレイルブレイザー(シボレー) 」【ハリアー(トヨタ) 】「ナイトロ(ダッジ)」「 ムラーノ(日産)」「 カイエン(ポルシェ)」「ML500(メルセデス・ベンツ)」「X6(BMW) 」「Gクラス (メルセデス・ベンツ)」「 エクステラ(日産)」【レクサスGX(トヨタ)】「チェロキー(ジープ))【 ランドクルーザープラド(トヨタ)】「 レンジローバー (ランドローバー)」「H2(ハマー) 」「 アルマーダ(日産)」【レクサスLX(トヨタ)】
「エスクード(スズキ)」「 デュアリス(日産) 」「フォレスター(スバル)」などがあります。以上は日本で販売されている全てのSUV車を網羅してありますので、これであなたもSUV車通が認定されます!
【】内がトヨタのSUV車ですが、なかでも「Q5(アウディ)」はSUVとは思えない快適な走行性能と、女性受けのするデザインで人気のSUV車です。BMWや、メルセデスベンツに劣らない性能と人気を誇る、トヨタ自慢のクルマです!

トヨタがデザイン改革に本腰

トヨタのデザインの素晴らしさは世界的に定評がありますが、豊田章男社長はさらに「クルマが変わらなければ、企業が変わったといえない。」として、レクサスやクラウンなどの自社製品中の最高級品車種をここまでやっていいのかと思う極限まで変えることで会社の軸はブレなくなる」語っています。豊田章雄社長がこう語って発表されたのが14代目となる「新型クラウン」です。
デザイン改革の試金石となる14代目のクラウンですが、周囲の評価は「ュースではかなり思い切ったデザインだと強調していたけれど思い切ったのはグリルだけ」という人もいます。また、1995年に初代モデル登場してから、半世紀以上の歴史を持つクラウンだけに、現クラウンオーナーには今回のFMCにかなり抵抗があるようで、「現クラウンオーナーを舐めているのか切り捨てる気なのか」という厳しい意見まであるようです。しかしこういう意見のほとんどは「いつかはクラウン」と夢見て頑張ってきた世代が多く、何が何でもクラウンというファンに多く見られるように世代間格差が大きく出ています。
今回の第14代クラウンは、4気筒2500ハイブリッドは、クラウンファンには大きな魅力のようです。カムリと同じハイブリッドエンジンを搭載しV6 3000より加速があり低燃費リッター23キロとなっています。6気筒エンジンは消える運命だといいます。大幅な燃費の向上も実現し、エコ志向の強いモデルへと軌道修正されたのが第14代クラウンです。時代に即応した高級車と言えるでしょう。

世界を驚かせたピンクのクラウン

豊田のピンクのクラウンの発表は、日本ならず、世界の人々の度肝を抜いています。おふざけはおやめくださいと、田舎の高齢のオバサンも怒っています。日本のトップを行く超高級車、それをあろうことかピンクになんて・・・あり得ません!大阪の男性も「えげつない色ですな」と苦言を呈しています。
だいたいが今時の若い子のファッションもピンクの子はあまりいないですよね。いかにピンク離れがしているかがわかります。それなのにという感じですが、豊田章男社長は「デザインと走りに徹底的にこだわった」と自信をみせているそうです。走りという点では優れているそうですが、クルマは見た目が勝負です。あまりに変わりすぎて、この車に乗って走れば人目を引くことでしょう。買取に出すときは、ガクンと買取額が下がることでしょう。
上記のようなことを考えるのは田舎のオバサンだけで、現代の若い子の関心だけよんでいるそうです。しかし、関心をよんでも買ってもらわなければ、トヨタにしても意味がないと思います。軽自動車の小型車ならお遊びで乗ってみようかとも思う人もいるかもしれませんし、商店や企業の宣伝でめだつために購入するかもしれません。ピンク色の新型クラウンに手を置くトヨタ自動車の豊田章男社長の写真もありました。まあ、写真を見る限りでは、「けっこういいかな?」と思えるほど素敵でした。やはり高級車のオーラは隠せません。しかし、乗るには勇気がいる車です。
しかし、このピンククラウンを真面目に眉をしかめる方がおかしいのであって、この車が売れなくてもこれだけ話題になれば、トヨタの宣伝効果は大きいと言えます。事実、多くの人が「これはトヨタの宣伝戦略のうまさ」と言っています。

トヨタがグローバル車に

トヨタは次々と斬新なデザインの車を発表して日本の自動車業界を牽引していますが、新型「オーリス」にも「キーンルック」と呼ばれる新たなデザインを採用して、グローバル展開をしています。
「キーンロック」トヨタ独自のデザインで、クルマの側面から見たフロントの前面にこのデザインを採用しています。また、車両の外装だけでなく内装のデザインも充実させ、高い走行性を実現させることで欧州市場への進出の拡大を図っています。「オーリス」はトヨタネッツで販売されている車で、価格は税込みで171万円からとなっています。今のオーリスは2代目 E18#H型ですが、オーリスそのものは、2009年に初代が発表されています。その間、日本仕様、欧州仕様、豪州仕様と次々と発表されてきましたが、2代目 E18#H型オーリスは欧州仕様となっています。
オーナーの評価は様々で、見た目がヴィッツに似ていてヴィッツと認識してしまう人も多いとか。そのためどちらかというとオーリスは影が薄くなってしまうと言います。しかし、オーリスファンに言わせると、伝統のある車名も次々と捨ててしまう自動車業界でも、オーリスのような車は残して欲しいと言っています。オーリスは日本での人気よりもヨーロッパでの人気が高いとか。ヴィッツの大型版として利用されているので、日本で売れなくても困らないので、当分はオーリスの生産が中止になることはないだろうということで安心です。一般的にトヨタ車は、日本以上に海外での評価が高いと言います。それにしてもトヨタはあまりにも車種が多すぎて覚えるのが困難です^^;

少人数で決めた86

覚えきれないほどの車種があるトヨタです。次々とヒット商品を飛ばし消えていく車もありました。そのなかに際立った特徴はないのだけれど、でも着実に人気が続いている不思議な車があります。それは86です。
86は経済的余裕のある中高年向けの車なので、それなりの上級グレードを求められています。日本人は昔から同じ車種の中でもグレードの高いクルマを買う傾向があると言われています。なので、メーカーのほうでもその傾向を熟知しているので、86のモデルチエンジのたびにグレードを上げているのではないかという人もいます。初代の86は20年もまえなのですが、その時の86は、余計な装備はほとんどなく、走りを重視クルマだったといいますが、今の86はぐんとグレードもアップして余裕のある中高年向けのクルマとなっています。
中高年向きだからこそ売れるのでしょう。300万円オーバーの高級車では、今の30代や40代では欲しくてもちょっと手が出ないでしょう。そして、いつかはクラウンではなく、「いつかは86」となるのでしょうか?^^;夢は持ち続けましょう!
どのクルマでも、新型が発売されるまでのスタッフの製造秘話とか苦労話には感激させられるものがあります。社運をかけてやるのですから、その責任や重圧は大変なもの或ることでしょう。86のプロジェクトの製造秘話も興味深いものがあります。86は、トヨタとしても何から何までが初めてのプロジェクトだったとか。富士重工業との共同開発も初めて、役員によるデザイン評価制度もないなか、たった数人で決めたのも初めてだったとか。そのため、七転八倒しながら開発して誕生したのが、トヨタが誇るスポーツカー86なのです。

トヨタのハイブリッドカー

「技術のトヨタ」と言われるくらい技術に関しては日本の自動車メーカーの追随を許さないトヨタですが、ハイブリッドカーの技術に関しても、日本のハイブリッド車のトップを言っています。特にプリウスのハイブリッドカーは、燃費の良さのみならず、プリウスは1997年12月に、世界で最初の量産型ハイブリッドカーとして登場し、世界中の注目を集めたクルマです。
最初は電気の充電が心配されたものですが、国でもエコに力を入れているための、全国に充電する場所が一気に増えて、現在ではほとんど充電の心配をする必要もなくなりました。あとはハイブリッドカーは高いので、価格の点で購入するときに迷いも出ます。なので、技術のトヨタと言われるトヨタの技術力で価格帯の安いハイブリッドカーが発売されるのを祈っています。
ハイブリッドカーは、都市部の渋滞しているような道路には最適とか。そして、高速などではガソリンで走るという、優れたクルマです。平成14年か15年には自動車取得税もなくなると言いますから、新車を買いやすくなりますから、一気にハイブリッドカーが増えて公害もさらに少なくなると期待しています。
聞くところによると、プリウスは車庫入れや縦列駐車をなんと全自動で行うというのです。「インテリジェントパーキングアシスト」と呼ばれる装置がついているのだそうですが、全自動で行うということは、なにか障害物があると、避けるというか止まるのですよね。これがあれば、自宅の駐車場で幼児が間違ってママや、お祖父ちゃんに轢かれるという悲しい事故もなくなります。ますますプリウスに大きな期待を寄せています。
まさしく「技術が人を幸せにする」といえます。

トヨタの安全技術

トヨタでは【人】【クルマ】【交通環境】の三本の柱を掲げて「交通事故死傷者ゼロ」の実現に向かって取り組み、様々な面からのクルマの安全性の追求をしています。【人】では、まず、徹底的な事故の調査を行い、科学的な人間研究の分野のデータを使って「なぜ事故が起きたのか事故の原因」「どのような原因と経緯で怪我に至ったのか」を細かく理論的に調べ、その事故を、さまざまな場面を想定して再現し、対策の技術を開発しています。
さらに、実車衝突試験や公道での走行試験を繰り返し行って確認した上で商品化、その後も「市場での事故調査・事故の原因の解析」で実際の効果の検証をしています。このように、トヨタでは実安全とは、実際の事故から学び、改善を怠らず継続していくことで、より高い安全性を追求しています。
トヨタが考える安全な車とは、統合安全の概念に基づき、より安全性の高い車両の開発、より高い技術の開発を目指しています。事故を未然に防ぐトヨタの技術対策とは、「車両の安定性・安全性を確保すること」と「運転車の事故の回避へのサポートを行うこと」です。事故の被害を最小限にくい止める「衝突時の安全対策」では、諸外国の法規の基準や、これよりさらに厳しい安全情報提供のための第三者評価も参考にしつつ、実際の市場での事故から学んだトヨタ独自の厳しい社内目標を設けています。
また、意外と多いのが駐車場での事故です。そのため障害物があれば超音波で知らせるシステム「クリアランスソナー」を開発し、運転者の負荷を軽くすることに役だっています。

トヨタの福祉車両車

高齢化社会に向かって福祉車両の必要性が益々高まっています。お年寄りの安全と、介護者の負担を軽くするより高度な福祉車両が求められています。そんな要望に応えたトヨタの福祉車両が「ウエルキャブ」です。
トヨタは介護を必要とされる方の幸せな暮らしを願い、福祉車両をウェルキャブ(Welcab)と名付けました。Welは健康、cab(cabin)は客室です。「移動する自由」をもっと安全に、そしてもっと身近なものにして、全ての人が快適で心地よい暮らしができるようウエルキャブを通してお手伝いをしています。
高齢者や体の不自由な方の移動は困難を伴います。そのためウエルキャブの使用には、乗り降りを楽にするために椅子が回転できる「回転スライドシート車」や、車椅子をそのまま乗せられる「車椅子使用車」そして、車に乗るための段差の困難を解消したリフトアップシート車」他、たくさんの介助式の車があります。
ディケアサービスへの送迎、あるいは施設から病院へ通うための送迎、そして施設に入所している方々リクレーションで外出するときの送迎など、ウエルキャブはフルに活動しています。また、障害のある方が補助の装置で自分で運転できるように開発されたクルマもたくさんあります。
昔は、障害のある方や高齢者の方は外出することさえ困難でした。福祉車両の開発はそのような方々の生活を一変させました。まさしく人を幸せにする車であり、技術です。
常に介護の現場の声を反映した車の技術開発をしているのがトヨタです。トヨタの福祉車両ウエルキャブは、まだまだお客様のニーズに合わせて進化していくことでしょう。

世界が評価するトヨタカローラ

トヨタといえばカローラと言われるくらい、カローラはトヨタを代表する車です。もうすでに皆さんご存知かと思いますが、トヨタカローラは日本国内以上に世界中で非常に高く評価されている車です。仕事や留学で海外に行って、カローラの海外での人気の高さを知り驚かされる人も多いそうです。なので、経済重視でクルマを買うとすればカローラを購入しておけば買取価格も高額が期待できます。買取価格まで考えてクルマを買うなんて味気ないと思うかもしれませんが、カローラの快適性や走行性能の良さを考えれば、決して後悔をしないクルマと、断言させていただきます!
カローラは初代が1966年に発売されましたが、次々とモデルチエンジを繰り返し、2012年のカローラは11代目となっていますから、カローラがいかに人気があり、そしていかにトヨタでも力を入れているかがわかります。
一口にカローラと言っても実にたくさんの車種があり、「カローラ・バン」「カローラ・クーペ」「カローラ・ハードトップ」「カローラ・リフトバック」セダン系には「カローラ・TRD2000」「カローラ・アルティス」「カローラ・ミレニアム」「カローラ・E」などがあり、これらは主に海外へ種出されており、他には「カローラ・アクシオ"GT"」「カローラ・アクシオ」などの優れたカローラがトヨタから生産されて、世界中で使用されています。
燃費の優れているカローラは、性能もよくコスト的にも営業用の車としても相応しいクルマとして多くの企業で使われています。これからも日本国内外問わずトヨタカローラは多くのオーナーから愛され続けていくことでしょう。

オンリーワンの魅力エステマ

「世界のトヨタ」と評されるトヨタの技術には「さすがトヨタ!」と感心させられる優れたクルマばかりです。そんな優れたクルマの中に、トヨタでも「車にはないオンリーワンの魅力!」と、胸を張るのが「エステマ」です。たしかにエステマに乗っている知人も「エステマは他のミニバンには真似のできないすごいものがある。あの、独特の独立した雰囲気は、エステマに乗ったらもう他のクルマには乗れない。ナンバーワンではなく、オンリーワン的な車だ。」と、まるで恋人を褒めるがごとくのべた褒めです。たしかにエステマはオンリーワンのクルマのようです。
ただ、エステマが素晴らしいクルマなのはいいのですが、新しい団地に同時に引っ越してきたお隣さんも、そして数件離れたお宅もエステマで落ち込んでいた人がいました。大勢の人が乗るだけ、それだけいいクルマという証明なのですが、やはり人と同じ車に乗りたくないというのも人情です。エステマ以外のクルマに買い換えたくないし、ということで相当悩んでいたようですが、結局、「新型が発表されたらすぐ買うぞ!」と、奥様に宣言したそうです。2014年には自動車取得税も廃止されるようですし、まだだれも乗っていないニューモデルでオンリーワンを決め込むのもいいかもしれませんね。
トヨタがなぜエステマをオンリーワンのクルマと言うか、その理由は、エステマには、アルファードやヴェルファイア、オデッセイなどなど強力なライバル車たくさんあります。そんな中にあってエステマは、複数の魅力あるオンリーワンを備えたクルマだと言えます。

プリウスの魅力

トヨタが誇る人気の車種「プリウス」のプリウスとはラテン語で「~に先駆けて、~に先立って」という意味をもっています。その名の通りプリウスは1997年12月10日にトヨタでは世界に先駆けてこのクルマを量産ハイブリット車として華々しく誕生させています。依頼、相も変らぬ人気を誇っているクルマです。通常トヨタでは、海外輸出向けのクルマにはそれぞれ名前を付けることが多いのですが、このプリウスはどの国でも「プリウス」という名前で販売されています。
プリウスは1997年に発売される2年前の1995年の東京モーターショーで参考出品車としてお披露目をした車です。「人と地球に快適であること」という概念の元に開発した車ですが、まさしく人の優しく環境に優しいクルマを実現しています。
技術のトヨタと言われるトヨタが、世界最先端のメカニズムと、優れたデザインと充実した装備とそしてハイブリット車の持つ低燃費とくればプリウスが売れるのも当然といえます。プリウスファンは、我々はもっとプリウスの商品性と優秀さに気付くべきだとも言っています。アンチトヨタでも「プリウスだけは良い」というほど優れたクルマですし、プリウスは、コストパフォーマンスが驚異的に低いのもあり、プリウスの競合車を開発しろと言われても無理だと言われているクルマです。
もうすぐ自動車取得税が廃止になるようですが、なくなった暁には、さらに購入者が増えることが予想されます。自動車税を低くするのではなく、いきなり廃止ですからアベノミクスも思い切ったことをやってくれものだと感心します。

クラウンの魅力

日本の最高級車として君臨するトヨタクラウンですが、クラウンとは英語で「王冠」を意味しています。1955年1月19日に初代クラウンが登場して以来、今も昔も劣らない人気を保ち続けています。ただ、あまりにも高級すぎて庶民には手が出ないクルマです。そのため「いつかはクラウン」なる有名な言葉まで生まれています。
4代目クラウンは、「トヨペット・クラウン」から「トヨタクラウン」に改められました。そして女優の吉永小百合さんがCMに出ていましたが、素敵でしたねー!4代目のクラウンのキャッチコピーは「世界が見つめるエレガンッツ・クラウン」でしたが、5代目のキャッチコピーは「美しい日本のクラウン」で、外観でもイメージでもますます高級感に磨きをかけていきました。そして、7代目のクラウンで「いつかはクラウン」のキャッチコピーが登場しました。このときは石原裕次郎の「太陽にほえろ」の撮影でも使用していましたが、石原裕次郎にはピッタリのクルマですよね。13代目クラウンは2008年に発売されましたがこの時のキャッチコピーは「超えてゆくブランド」です。そして、この13代目でクラウンハイブリッドが登場しています。トヨタのデザイン、技術、そして人の心をつかむキャッチコピーと、マルチに素晴らしいトヨタです。
そして、今、2012年に発売された14代目クラウンのキャッチコピーは「CROWN Re BORN」で、その意味がちょっと分かりにくいです。キャッチコピーの意味もよくわからなければ14代目のクラウンはまさかのど派手な色で、改造車祭りのクルマかと思った人もいたそうです。優雅なクラウンからアッと人を驚かせる車を発売するなど、なんとも楽しいトヨタです。そんなところもトヨタが多くの人から愛される理由のひとつなのでしょう。

アクアの魅力 

トヨタが誇るたくさんの人気の車種のなかに「アクア」があります。アクアの初代のクルマは2011年12月26日に発売されていますが、アクアはラテン語でその意味は「透明感あふれる清潔さ」と、そして「生命の維持には欠かせない大切なもの」をイメージさせる「AQUA(水)」を表しています。
日本の自動車販売協会で調べた、2012年12月度のクルマの新車乗用車の売り上げ台数の順位では「1位:アクア(トヨタ)」「2位*プリウス(トヨタ)」「3位:ノート(日産)」「4位:フィット(ホンダ)」「5位:インプレッサ(スバル)」とあります。
世界一の低燃費を誇るハイブリッド車のアクアならではの快挙といえますが、1年間にかかるガソリン代金を比較したものがあります。ガソリン代148.8円/Lとして、1万キロ走った場合 のガソリン代は、「日産 ノートX (燃費24km/L)62,000円 」「トヨタ アクア グレードS (燃費35.4km/L)42,034円 」「ホンダ フィット ハイブリッド(燃費26.4km/L)56,364円」となり、いかにアクアが低燃費でお得かがわかります。
そこでアクアに乗っている人に、燃費以外でアクアの良いところは?と聞いてみました。そうしたら「ガソリンスタンドへ行く回数が減った」「音が静か」「コンパクトで駐車場に困らない」「バックドアだけどあまり跳ね上がらないので背が小さくても問題ない」と、一気に答えが返ってきました。そして面白いのは、運転中「エコカー」の表示が出ることだそうです。アクセルを踏み込むと「パワー」の表示が出るので、パワーを点滅させないよう経済走行をできるのです。おかげでゆっくり安全運転になったそうです。

アルファードの魅力

トヨタが誇る人気車種に「アルファード」があります。初代アルファードは2002年5月22日に発売されています。
アルファードの魅力は、カタログ見てもわかりますが、日本のミニバンの中では室内の長さなど、一番広くて使いやすいのです。横風に煽られやすいとも言われますが、その点はアルファードだけでなく、他の大型ミニバンでも同じではないでしょうか。たまに、2列目とか3列目に座る人が酔いやすいというオーナーもいますが、その点もアルファードの問題ではなく、運転技術の問題といえます。
信頼性と安全性 を一番大事にしているトヨタですから、アルファードの安全性にも全幅の信頼をおけます。トヨタという一流の企業の一流の技術は揺るぎのないものといえます。運輸省で公開されているホーム―エージを見ても、アルファードは車体が軽いので、制動距離も大型ミニバン中、最短距離を誇り安全性が最も高いことがわかります。
そして嬉しいのは、アルファードを中古車として売るとき、買取価格がとてもいいことです。やはり人気が高いクルマは買取業者でもそれなりに高額で買ってくれます。本当に価値のあるものは買う時の値段も高いですが、売る時の値段も高いです。
この他、まだまだあるアルファードの良いところは「乗っていて楽しい」ということだそうです。アルファードが名実ともに楽しめるクルマというのは間違いがないようです。さすが天下のトヨタのクルマです。

エスティマの魅力

トヨタが誇る人気の車種に「エスティマ」があります。エスティマとは、英語で「尊敬すべき」という意味を表しています。初代エスティマは1990年5月30日に発売されていて、エスティマハイブリッドは、トヨタではプリウスに次ぐハイブリット車です。エスティマは、トヨタ店とカローラ店で販売されていましたが、3代目からその区別がなくなっています。
エスティマの特徴で注目されたのは、卵を連想させるデザインです。当時のエスティマのキャッチコピーは「天才タマゴ」でした。エンジンを僅か横に寝かせて、全高を低くしたことで一段とスタイリッシュなデザインにつながり、近未来的な先進デザインとして人気を集めました。エンジンも静かで、文句のない乗り心地といいます。新プラットホームを採用して室内空間を広くしたのも乗り心地の良さに繋がっています。エスティマの室内空間は、このクラスには合わないほどの思いっきり豪華というのも特徴で、セカンドシートがロングスライドにしてあるのもエスティマの人気の理由の一つです。
エスティマは室内空間が広いので赤ちゃんがいるお宅では何かと便利です。その点でエスティマを選んだお宅もあります。そして、運転もしやすく、街のりにも向いています。乗り降りが楽なのもエスティマの良いところです。子育て中のお宅には絶対エスティマがお勧めです。
エスティマに乗っている奥さんは、エスティマに決めるときにアルファードとエスティマにちょっと迷ったけれど、同じような性能で使い勝手なら、断然価格の安いエスティマがいいと決めたそうです。エスティマは、全高を低くしてあるので横風の影響も少なくその点でも安心な車です。

マークXの魅力

トヨタが誇る人気の車種「マークX」の、マークは英語でMarkとは目標とか成功とか名声を意味しています。Xは次世代のとか未知の可能性を現す言葉で造語です。トヨタでは、新時代の目標となる車にとってベストなネーミングとしています。
初代「マークX」は2004年11月9日に発売されましたが、それまでのマークIIの後継車種として発売されています。前身のマークⅡも素晴らしいクルマでマツダクーペと並んで一世を風靡したものです。特に黄色のマークⅡに人気があり、街の中を走っていてもとにかく人目を引いたのがマークⅡです。
マークXはベースとなるプラットフォームもエンジンもクラウンと同じものを採用しています。そのため、乗り心地の良さが劇的にアップしています。その質感はレクサスを含むトヨタ車の中でも最上級クラスの質感を持った走行性だとも言われています。トヨタは見えないところはとことん手抜きをしてコストダウンをはかり、日本人向けするクルマをつくってきた商売上手といわれていますが、マークXに限っては手抜きがないと思わせる高級感ですし、見た目のデザインも素晴らしく外観内装ともに良いというのがマークXの魅力です。
よくモデルチエンジすると前の型の方が良かったと言われるクルマも多いのですがマークXファンは、現行の方がはるかに良いと言います。前の型はトラクションコントロールの効き過ぎとか、スポーツセダンにあるまじき足回りの脆弱さなどとも言われています。内装も現行の方がはるかに良いと言います。

ヴィッツの魅力

トヨタが誇る人気の車種のなかでも、ヴィッツはなんとなく親しみを感じさせるクルマです。ヴィッツとは、ドイツ語でWITZ(才気、機知)から作った造語です。
初代のヴィッツは1999年1月13日にスターレットの後を継ぐ車として発売されて、その後6年間にわたって製造販売されています。現行のヴィッツは2010年に発売された3代目です。ヴィッツは日本の小型車や中型車のイメージを覆すほどの大きな影響を与え、「日本のコンパクトカーを変えた先駆け」として現在でも高く評価されています。 
それまでのコンパクトカーのイメージとしては、安っぽいとか走らないなどのイメージがあったものですが、トヨタのヴィッツの出現でそのイメージが一掃されました。そのイメージは外観だけに留まらず、内装にもインテリアをも変えました。大人が4人乗っても窮屈に感じない居住性はとても小さなボディからは考えられないものでした。荷室の広さも充分に広いので使い勝手でも満足のいくのがヴィッツの優れたところです。
親しみやすくて、小回りが利くという日本の道路事情には最適といえるヴィッツです。狭い駐車場でも、我が家の狭い車庫でも楽に入れることができます。狭い裏道ので車のよけ違いにも困らないという優れものです。さすが「トヨタ車!」と言わざるを得ません。
ヴィッツのさらに優れたところは、街中でとっても便利に走ってくれるうえに、高速道路でもそれなりに快適に走ってくれるエンジンを備えている点です。今はコンパクトカーでも高い安全性を備えています。コンパクトカーなら断然トヨタヴィッツがお勧めです。

ヴェルファイアの魅力

世界のトヨタといわれるトヨタ車ですから、トヨタが誇る人気の車種は数え上げたらきりがありませんが、その中でもお勧めは、「ヴェルファイア」です。
2008年5月12日に初代ヴェルファイアが発売されましたが、アルファードVの後継車種ともいうべき存在です。しかし、上品さとか洗練さではアルファードVとは対照的で、ヴェルファイアの持ち味は力強さとか先進性が特徴です。満足度がかなり高いと評価されています。
なかには、見た目は高級車っぽく作っているけれど、よく見るとそうでは無い事がよく判るなんていうへそ曲がりさんもいますが、買えない人の僻みと捉えています。^^;ただ、上品さとか洗練さではアルファードVと対照的というだけあって、雰囲気的に高級車っぽくなくなったせいかもわかりません。しかし、やはり乗ってみれば高級車ということは歴然と感じさせてくれるのがヴェルファイアの魅力の一つです。やはり時代も世代も代わってもクルマに高級感を求めるのはいつの時代でも同じです。
見た目の良さから、セレナからヴェルファイアに乗り換えたお宅がありますが、機能的にも燃費も想像以上に良かったとご満悦で乗っています。ただ、買い換えて1年の間に車上荒らしに2回もあったというのです。ヴェルファイアに乗っている人はお金持ちと見られてしまうのでしょうね。それがちょっと困ります。

ノア・ヴォクシーの魅力

トヨタが誇る人気の車種に「ノア」と「ヴォクシー」がありますが、名前が違うだけでこの車は同じ車です。ただ、グレード展開や標準装備は多少違い、フロントのボンネット周り、リアのテールランプが違うようです。「ヴォクシー」の販売店はネッツトヨタの販売店で、「ノア」はカローラ店で販売されています。ネッツは旧オート店/旧ビスタ店の2店舗があり、その関係でヴォクシーが多いようです。ちなみに、ヴォクシーとは英語で、「VOX(言葉・声)」からできている造語で、意味は英語の「箱型」を表していますが、ノアとなれば、旧訳聖書の物語に出てくるノアの方舟(はこぶね)連想させる美しい響きですね。
ノア・ヴォクシーは2001年11月16日に初代が発売されましたが、車好きの男性に特にノア・ヴォクシーのファンが多いと言います。「トヨタ初」とか「トヨタ新開発」のノア・ヴォクシーのエンジンは「バルブマチックエンジン」を使用しており、そのエンジンは今のところ高級外車の、それもごく一部の高級外車に搭載されているだけなのだそうです。そんなエンジンならクルマ好きの男性が目の色を変えるのも当然ですよね。
しかも加速性能も抜群のうえ、エコで燃費も抜群にいいという超のつく優れたクルマですから、世界のトップブランド・トヨタの面目躍如といったところですね。
しかも、このノア・ヴォクシーはそれだけはなく、女性や子供さんに十分配慮が尽くされた充実の装備だというのです。何から何まで至れり尽くせりの、この素晴らしい内装をデザインした人にお目にかかりたいです。

ウィッシュの魅力

世界が誇るトヨタの人気の車種に「ウィッシュ」があります。ウィッシュはトヨタが生産しているミニバンで、ウィッシュとは英語で「希望」とか「願い」と言う意味です。初代ウィッシュは2003年1月20日に発売されましたが、それに先立ち2002年の東京モーターショーでウィッシュを参考出品しています。現行の22代目のウィッシュは2009年に発売されています。
ウィッシュの評判は全体的にカッコ良く乗りやすいとか、価格の割には良いクルマというのが乗っている人の多くの感想です。7人乗りにしては価格が安く、2世帯で生活している家族には特にお勧めです。それに2世帯でなくても家族で旅行に行くときは広い車内は便利ですし、乗っている人の疲れ方も違い、長距離でもストレスがたまりません。
後部座席を倒して荷台として使うとさらに使いやすくて便利です。
ウィッシュに9年乗っているというお宅がありますが、故障もなくとても良いクルマで、未だにリッター12kmでるといいますから驚きます。走行距離はすでに18万キロを超えていて、今まで長距離の旅行もたくさんしてきたので、もう十分元が取れたと言っています。その走行数で故障知らずのクルマというのは、トヨタの技術ならではだと言えます。
そのお宅のウィッシュは、未だに故障知らずということと、燃費もまずまずなので、もう少し買い替えは先に延ばすそうですが、次に買うときももちろん、ウィッシュと決めていると言っています。

ランドクルーザーの魅力

トヨタが誇る人気の車種のひとつに、ランドクルーザーがあります。ランドクルーザーとは英語で、「Land(陸)」と「クルーザー(巡洋艦)」の2つの言葉からとった造語で「陸の巡洋艦」を意味します。
「地球上で一番贅沢な車でありたい」というランドクルーザーの初代は1960年1月に生産が開始されています。ランドクルーザーは大型 四輪駆動車で、技術のトヨタが誇る多目的自働車です。ランドクルーザーは用途別に複数の車種があり「ステータスカー」「ファミリーユース」「完全な作業車」の4つに大別しています。
仕様の違いや用途の違いから、装備の差は違ってはいますが、元になる悪路を走る力や強い耐久性能は全てのランドクルーザーにおいて最高水準のレベルで、ランドクルーザーだけの専用の設計の枠組みや、乗り降りのためのドア、エンジン点検に開けるボンネットなどのボディシェル他、頑丈で類まれな耐久力の高いエンジンやミッションなど、日本での評価以上に海外で高く評価されて、日本よりも海外での需要が多いのもランドクルーザーの特徴です。
ランドクルーザーは趣味性の強いクルマで、渓流釣りに行く人とか、山奥を走る人が多く乗っています。日本の山道や林道は道幅が狭すぎて、ランドクルーザーではちょっと無理という難点もあります。それゆえ海外の方がたくさん売れるということもあるのでしょう。四駆は豪華さを競うものではないというものの、ランドクルーザーの男らしい勇姿は見る者を圧倒させる、実に豪華な車です。